me.ie(ミイエ)BLOG / タイで石探し③

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

タイで石探し③

2020.03.18

日本では有りそうで無いおにぎり柱のグラス。
小さいことではありますが文化の違いを感じます。
ちなみに頼んだレモンティーの柑橘はレモンではありませんでした(たぶんライム)。
加糖済で出されるのも文化の違いです。

 

タイでの石探し3回目のブログは宝石買付けの最前線、チャンタブリーまでの道のりのお話しです。

 

 

色石ブームの波に乗りテレビで紹介されることも多いチャンタブリー。ご存知の方も多いかと思います。

 

チャンタブリーは正式にはチャンタブリー県。
フランス占領、カンボジアの難民の移住などの歴史を経てオールドタウンや自然を満喫できるリゾートホテルの多い観光地です。
そして石研磨の街として栄えてきました。
始まりは県内市街地でルビーとサファイアの採掘がされたことです。
採掘は1950年代までで今はほとんど採掘されていませんが、ルビーやサファイアを中心に海外から買い付けてきた原石をカットルースへと化粧する職人が今でも多く住んでいます。
また世界中の宝飾関係者が集まっているので国際色豊か。
原石のバイヤー、ルースのバイヤー、セラー…目的様々で活気のある街です。

 

定型サイズのルースを効率よく買付けしたいならバンコク市内の方が便利ですが、掘り出し物を探すなら断然チャンタブリーが良いです。
ただ足元見て高値で売るバイヤーも多いので、全く知識がない状態で行くのは大変。
今回もタイのスタッフさんがもろもろ手配してくれました。
ありがたや、ありがたや。

 

 

チャンタブリーはバンコクから南東約250km。
公共交通機関は高速バス一択で高速を利用して約4時間半の道のりです。
今回は大人数ということもありバンをチャーターしてもらい一路出発です。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

さっそく車内を激写。清潔で綺麗で少し気分が上向きました。
なにせ4時間半、乗り心地は良いに越したことがことはないですからね。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

それにしても天井…派手です。どことなくオリエンタルを感じる不思議。
運転手さんの趣味でしょうか。
オーディオも充実でそこかしこに装備されたスピーカーからタイの音楽流れ車内を包みます。
毎回旅に出るときは必ずミュージックプレイヤーを持参しますが、せっかく郷に入ったので異国の音楽に耳を傾けながら車窓を眺めました。
大都会のビル群の間を縫い進むと次第に左右の景色が住宅街、ヤシなどの畑へと変わっていきます。
旅情たっぷり。
旅の醍醐味ですね。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ちなみに夜はさらにド派手。
クラブのようなライティングでトランスがかかってました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

タイの高速は日本のように周囲を高い防音壁が囲んでいるということはなく、大きな国道のようなイメージです。
合流地点には信号も付いてます。
一応舗装されてますが凹凸が結構あり、ジェットコースターのようなふわっと感を味わえたりもしますので酔いやすい人は油断すると危険です。
それでも昔は高速が無くチャンタブリーまで10時間近くかかっていたというので随分便利になったのだと思います。
どこへ行くにも近く、そして平坦になりました。

 

 

途中昼食とトイレ休憩のためサービスエリアに寄りました。
タイのサービスエリアはとにかく細長いです。
細長すぎてスターバックスやマクドナルド、セブンイレブンなどチェーン店は3店舗ずつくらいあります。
信号や横断歩道は無いので対面側のお店に行きたい場合は遠慮なく飛ばす車を避けながら無理やり横切るしかありません。
スリル満点ですがタイにいるうちに段々慣れてくるものです。

 

いろいろ見て回りたい気持ちはありましたが、もうすでに酔い気味の上、この後長時間の揺れに耐えることを考えると無駄に体力を消費することができず、おとなしく軽めのパッタイと加糖レモンティー食しました。
それでもせめて、と思いセブンイレブンの品ぞろえだけ確認しました。

 

タイにはセブンイレブンが本当に多くて、日本同様すっかり生活に根ざしています。
品ぞろえはタイ製と輸入品が半々、といったところでしょうか。
化粧品やお菓子には日本語表記のものも結構ありました。
日本語をパッケージに付けると売り上げが良くなるそう。
信頼があるということかな? 嬉しいです。

 

 

IMG_3592

 

コンビニチェックを終えるとまた旅路に戻り、ひたすらまっすぐ進んでいきます。
すっかり田舎の風景になった車窓では畑と畑の間に時々思い出したように低層の家並みが並び、高速の路肩で屋台が食べ物を売ります。
サービスエリアも小規模になり、トイレとガソリンスタンド、小さな食べ物やコンビニ、cafe AMAZONだけに。

 

いよいよ、チャンタブリーはもうすぐです。

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

今回はここまで。

 

ところで3月15日から行われているCINEMA H.P.FRANCE 京都店でのオーダー会でタイで買い付けてきた石も出品しました。
一部のルースにはなりますが実物をご覧になりたい方はぜひ。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

タイに来ると一度は食べるエビの姿焼き。
チャンタブリーは海に面した県なので海の幸がとても美味しいです。
生演奏を聴きながら、チャンタブリーの夜は更けていきます。

 

20200214_234443

 

 

 

<関連BLOG>

me.ie blog タイで石探し② タイで石探し② 

me.ie blog 石座と色石 石座と色石

me.ie blog アザミのリング腕 アザミのリング腕

me.ie blog ルビー/サファイア ルビーなのかサファイアなのか

 

 

タグ: , , , ,

me.ie 公式オンラインストア

me.ie(ミイエ) Facebook me.ie(ミイエ)Twitter me.ie(ミイエ) Instagram me.ie(ミイエ)Line